みんカジ特別3000円入金不要ボーナス - FORTUNA

<ウェブサイト名>

<現在の時刻>

出典: 標準

食マネジメント学部 MENU 学部コンセプト 学部長メッセージ 学部の特長 食を学ぶとは 学びの特長 連携機関 施設・設備 学部ポリシー&外部評価 学部パンフレット  教育内容 学べること カリキュラム 共同プログラム 海外プログラム 学生活動 学生インタビュー 正課・課外活動 教員紹介 卒業後の進路 卒業後の進路 内定者の声 入試・学費について 食マネジメント学部 関連書籍 交通アクセス お問い合わせ English Site 立命館大学 食マネジメント学会 立命館大学 食総合研究センター 教員紹介 Hiroki KIMURA 木村 裕樹 准教授 専門分野民俗学 所属学会日本民具学会、日本民俗学会、日本口承文芸学会、近畿民具学会、京都民俗学会 研究者データベース これまでの研究の概要 日本の職人と民具の研究の二つです。職人の研究では、椀や盆など挽物の漆器の素地をつくりだす木地屋について、民俗学をベースに地域的な産業史、工芸技術史の観点から研究してきました。木地屋は伝説上、その工具である木工ろくろを発明したことから「木椀元祖」とみなされる惟喬親王を職祖と仰ぎ、近江の小椋谷を発祥地として全国に移住したとされています。私は、移住先である会津漆器と山中漆器の産地でおもに長期的なフィールドワークをしてきました。一方、民具の研究では、国立民族学博物館が所蔵するアチックミューゼアム・コレクションの学史的な研究、欧米の博物館が所蔵する在外日本コレクションの実態調査にも従事してきました。 食マネジメント学部における今後の研究の方向性 日本の食生活の地域的な変遷を、民具はもとより文献やフィールドワークによって得られた資料を縦横につかって研究します。木地屋は当然のこととして、食の起源や伝承、発祥地や記念日を手がかりに、地域の伝統食文化の研究を行います。また、世界と日本の食をめぐる交流も視野に入れ、総合的な食文化研究をめざします。 主な研究業績 復活する伝承 ―現代における山中漆器の沿革をめぐる新しい動き, 京都民俗, 25号, 2008 鈴木式轆轤の普及と担い手の顕彰 -明治後期・大正期の福島県会津地方を中心に, 民具マンスリー, 42巻, 10号, 2010 木地屋「根元地」の近代, 日次紀事研究会編『年中行事論叢―日次紀事からの出発』, 岩田書院, 2010 LET'S SHARE サイトマップを開く トップページ 学部コンセプト 学部長メッセージ 学部の特長 食を学ぶとは 学びの特長 連携機関 施設・設備 学部ポリシー 教育内容 学べること カリキュラム 共同プログラム 海外プログラム 学生活動 学生インタビュー 正課・課外活動 教員紹介 卒業後の進路 卒業後の進路 内定者の声 入試・学費について 食マネジメント学部 関連書籍 交通アクセス お問い合わせ English Site 大学院 食マネジメント研究科 食マネジメント学部公式YouTube 食マネジメント学部 世界をおいしく、おもしろく。 Beyond Borders of サイトポリシー プライバシーポリシー © Ritsumeikan Univ. All rights reserved.

カジノアフィリエイト カナダカジノ バレーボールブラジル女子代表 野球賭博やり方
Copyright ©みんカジ特別3000円入金不要ボーナス - FORTUNA The Paper All rights reserved.